自然とつながる普段の暮らし

大切な人に送る

手紙のように綴ったちいさな本。

「子どもとの暮らしから、何気ない日常を見つめ直す」

「あたりまえだと思ってきたことを、立ち止まって考える」 

 

この本がそんなきっかけの入口になれたら、と思っています。

 

最新情報はFacebookにアップしています。

 

03号 3月17日発売!

 

特集=「小学校に入るまでにこれだけはできないと」って本当ですか!?   

表紙撮影=高倉千鶴

 

 

 

幼稚園・保育園に入ったと思ったら、もう入学準備!?

「子どもの可能性を広げるために……」という殺し文句の

習い事や早期教育のDMに「入学準備BOOK」の大攻勢……。

 

人生いっつも前倒しじゃ、息苦しい。

子どもの「今」を大切に

 

溢れる情報の海に溺れないように、

燈台の灯りのように前を照らしてくれる「言葉」を届けたいと思います

 特集コンテンツ

 みんなはどう? 先生はどう思っているの?

  さいたま市幼稚園・保育所保護者  幼稚園教諭・保育士・小学校教師アンケートから

 教えて! 岡崎センセイ

  雑誌『おそい・はやい・ひくい・たかい」編集人/小学校教師 岡崎 勝さん

 どんぐり山で遊んで育つ 

  浦和ひなどり保育園

 競争より「共生」へ 「今」をより豊かに生きることを大切に

  ひなどり保育園園長 丸山和彦さん

 「ネガティブな感情に寄り添う」 親にできるシンプルなこと

  臨床心理士・藤井良隆さん

  ●子どもが描く絵 そこに見るべきもの  

  椙山女学園大学教育学部 子ども発達学科教授 磯部錦司さん

   迷いや不安からあなたを救ってくれるかもしれない「言葉」 

   BOOKS&MOVIE紹介 

 

連載 あした、晴れたら散歩に行こう

狭山丘陵・荒幡富士  イラスト・文=中村みつを

LettersVOL01、02 Follow up

きたもとプレーパーク「モリトコ」始動!

街路樹サミットin関西開催

 

 

 

A5版 オールカラー 32ページ 

500円+税

ちょっとだけ誌面を……。

 

 

乳幼児期に本当に大切なことってなんだろう。

 

保育園園長、臨床心理士、保育者を育てる大学教授、 様々な専門家の見地からうかがいました。

 

「人より先どりするための準備に子ども時代を費やすことが、その子の幸せにつながるのだろうか」

 

心に留めたいたくさんの言葉をお届けします。

現役小学校教師・雑誌『おそい・はやい・たかい・ひくい』(ジャパンマシニスト社)編集人の岡崎勝さんに、

入学を控えた保護者の悩みにお答えいただきました。

 

岡崎さんのブログは痛快。

最近は、「おりこーちゃん」が多すぎるし、そういう子ばかりに慣れてしまっている先生が多すぎる。

(岡崎勝ブログ「おそい・はやい・たかい・ひくい」より

 

岡崎さんが編集人を務める上記の雑誌は、学校現場にはびこる「はやくてたかいことがよきこと」という価値観を凍結させ、新しい価値観を生み出そうというコンセプトのもと、発行されている雑誌です。

 

うちの子大丈夫?と思っている方ぜひ!

 

 

 

バックナンバーのご紹介  ※表紙の画像をクリックすると紹介ページにリンクします

01号 特集 木と暮らす 木と育つ

A5版 オールカラー40ページ

500円+税 2014年3月20日発行

 

SOLD OUT!!

 

02号 特集 いつもの公園の少し先

A5版 オールカラー36ページ

500+税 2015年6月15日発行

 

 

HOME